これから日本語学校を設立する人のためのガイドブック » 日本語学校の設立方法 » 設立の条件

設立の条件

日本語学校の設立に必要な条件

日本語学校を設立するには、あらかじめ準備しなければならないものが多々あります。

設立要件としては、以下の3つの条件をクリアする必要がありますので、この条件をそろえてから設立に向けてスタートすることになります。

【条件1】人員

日本語学校を運営するうえで必要となる人員を確保します。必要な人員は、「校長」「主任教員」「専属教員」の3つにわけられます。

校長

一般的な学校でいう校長先生と同じ職務です。日本語学校では、日本語教育に関する識見を持っていることはもちろん、教育や学術、文化に関する業務を原則5年以上従事したことがある方が、校長として認められます。職員や生徒の管理、施設や設備の保全など、好調の役割は多岐にわたります。

主任教員

教育課程(カリキュラム)の編成をはじめ、日本語教育に関する知識と能力を持ち、日本語の教員または研究所で3年以上の経験を積んでいる方が、主任教員として認められます。通常は、この後紹介する専任教員より選びます。

専属教員

現場で教える先生のことで、最低一人は必要です。専属教員は、大学で日本語教育を専攻して日本語教育科目を45単位以上修了している、日本語教育能力検定試験に合格した者など、日本語教育に関する専門的な知識や能力が求められます。設立時には最低一人が必要ですが、生徒数などにあわせて増やしていくことになります。

【条件2】校舎

生徒たちに教える場となる校舎が必要です。一般的な学校と同じく、日本語学校の校舎にも細かな規定があります。

校舎の所有権について

校舎は、学校法人の自己所有であることが条件。オフィスビルの1フロアなどを間借りするといった区分所有権でも認められます(区分所有の場合、賃貸借契約で一定の条件をクリアする必要があります)。なお、建物に抵当権が設定されている場合、担保権者は金融機関であることが条件です。

敷地面積・生徒一人あたりの広さ

敷地面積は、115m2以上であること。なお、生徒一人あたりの面積は2.3m2以上と定められており、仮に定員100名の日本語学校の場合、230m2の敷地が必要です。また、教室の広さも生徒一人あたり1.5m2、定員は20名と定められているため、1教室の広さは30m2以上が必要です。

【条件3】資産

通常、日本語学校を各地方入国管理局へ申請して開校するまでに1年、軌道にのせるまでには約3年かかるといわれます。

その間に、教職員の確保や生徒募集の広告費、学校運営費など、さまざまな費用がかかりますし、新しい校舎を建てる場合は、その土地代や建築費用なども必要です。このため運営者は、ある程度の流動資産を準備しておく必要があります。

また、貸借対照表や損益計算書など決算書の提出が求められ、決算状況も設立する際の審査ポイントとなります。

独自取材!

日本語学校の経営課題を解決!
管理システム導入のススメ

リンゲージ日本語学校とシステムソリューションセンターが共同開発した管理システムは、まさに現場の声から生まれたシステムであり、日本語学校に特化した専門的な仕様となっています。

日本語学校特有の、例えば入国管理局への申請書類のフォーマット化や出力、生徒の履歴書データインポートや成績管理など、特に頻雑になりがちな管理・作業部分をワンストップで完了できるのが大きな強みです。

そんな日本語学校に特化した管理システムが、リンゲージ日本語学校だけではなく一般向けにも提供されています。

リンゲージ日本語学校のように、日本語教育という本質に注力するために管理系統を一元化したいと考えているオーナーさんはぜひチェックしてみてください。

日本語学校の経営課題を解決する
管理システムの特集をチェック!

日本語学校の管理システムについて
問い合わせてみる